スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

松葉の石けん

CIMG5299.jpg

新緑の季節ですね。
会津の山々は瑞々しい青葉を茂らせています。
山林をドライブするのがとても気持ち良いです。
そんな森の香りをとじこめた石けんをつくりました。
松葉の新芽はまだやわらかく、
とてもさわやかな香りがします。
春先に摘んでおいたものを使っています。

大好きな本のひとつ
この本を参考につくりましたよ。
石けんのレシピ絵本石けんのレシピ絵本
(2002/02)
前田 京子

商品詳細を見る

季節ごとにふさわしい石けんのレシピが
素敵なエピソードなどの軽いエッセイとともに紹介されています。
写真も美しく、見ているだけで幸せな気分になります。
子供が寝た後に
こういったお気に入りの本を眺めるのが幸せなひととき。

さて
手作り石けんのつくりかたは
こちらを参照なさってください。
補足すると、
ポイントは
①オイル、苛性ソーダ、精製水の量をきっちりはかること。
②オイルと苛性ソーダーの温度をきっちりあわせること。
③型入れのタイミングを間違えないこと。

(上からたらしてみて、表面にそのあとが消えずに残るくらいになったら
そのとき!です。)
オイルの種類や気温などにより、まぜ終わってから
12時間から24時間くらいかかります。

つくってみたことがないかたで
どうしても、やってみたいと思ってくださった方は
この本をぜひ読んでみられることを
おすすめすします!↓
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
基礎的な手順はもちろんのこと、
かおり付け、色づけ、形、
そしてオイルについてなど
本当にわかりやすく載っています。
力いっぱいおすすめの本です

松葉の石けん
<材料(牛乳パック1本分)>
オリーブ油    458g
パーム油     64g
ココナッツ油   112g
または
マルセイユ石けんオイルミックス
(下記材料の紹介を参照してください)

松葉茶
(45gの松葉を水300mlで煮出す) 250ml
苛性ソーダ    83g

松の新芽
(とがっている葉先を除いて刻んだもの) 大さじ3

ジュニパー精油  48滴
ペパーミント精油  36滴
 
1、
松の新芽はとがっている葉先を除いて3ミリ幅に刻む。
松葉茶をつくる。
45gの松葉を水300mlで煮出し、250mlを計り、精製水の代わりに使う。
2、
こちらの手順の「5」まで行い、石けんのたねを仕込む。
3、
型入れの直前に、石けんのたねをおたまに1杯くらい取り分け
1の松葉と精油を混ぜる。
4、
2の石けんのたねのなかに3を混ぜ込み、型に流し込む。
5、
あとはこちらの手順で行ってください。

材料はこちら
簡単!無駄なし!いろいろな石けんが作れる!マルセイユ石けんオイルミックス

これ、オイルを量る手間が省けてとてもおすすめ!
おまけにこだわりのいいオイルを配合しています。
ピュアオリーブオイル(カルボネール)500ml

ココナッツ油700ml(642g)【手作り石けん材料】

ホワイトパーム油700ml(642g)

精製水500ml(500g)


苛性ソーダは薬局にてお求めください。
劇薬に指定されていますので、購入には印鑑が必要になります。


今回ははじめてシリコン製のモールドで型をとってみました。
シリコンってすばらしかったです。
型出しがらくらく
いや~おどろいた。
こんなきれいなオーバル型の石けんができあがって満足です
いろんな形試してみたい
使ったのはこちらです
Matfer シリコンフレックスオーバル 8取

他にもこんな素敵なのがありますよ。
わたしもほしい
イタリア生まれのシリコン型ハート (8ヶ取)


イタリア生まれのシリコン型シリンダー (8ヶ取)


Matfer シリコンフレックスローズ 6取


Matfer シリコンフレックスプチ・ローズ 15取


この石けんはまだ熟成中です。
乾燥中もさわやかな香りがただよって
使うのがとても楽しみ~~。
もう、使っても良いのだけれど、
なんだかもったいなくて。

だれかにプレゼントしちゃおうかな

CIMG5274.jpg

新緑といえば、
日曜日に鶴ヶ城にやっちゃんとお散歩してきました
きれいでしょ?
おにぎりとおやつを持って
お城の中の公園のベンチで食べました。
ちょっとしたことだけれど、
やっちゃんとのこんな時間がとてもまぶしくて、
貴重な時間のように思えます。
やがて大きくなって、
どんどん手が離れて・・・・。
なんて考えるとなおさらです。
いつか大きくなって、今日のこと思い出してくれるかな?

近くの福島県立博物館にも立ち寄りました。
CIMG5241.jpg

これは体験学習室の
昔のおもちゃ体験コーナーで。
だるまおとしに挑戦
なんかだるまさんの位置が変ですけど。
ほかにもいろんな昔のおもちゃがあり、
(竹とんぼ、ぱたぱた、でんでん太鼓、積み木など)
親子してとても楽しみました。
そして、解説員のおにいさんに
昔のおもちゃのつくりかたの冊子をたくさんいただいて来ました
手作りおもちゃを作ってみたかったところなので
とてもうれしかったです。
なにからやってみよう??

機会があったら福島県立博物館に行ってみてくださいね。
体験学習室だけでなく、
メインの常設展もおもしろいですし、
企画展も毎回楽しいものが見られます。

それでは今日はこの辺で失礼しまーす


遊びに来ていただいてありがとうございます!
ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

福島県会津の治療院 大竹鍼灸接骨院公式HPはこちらです!
福島県会津の鍼灸&接骨の治療院 大竹鍼灸接骨院公式blogはこちらです!


スポンサーサイト
手作り石けん | 【2008-05-22(Thu) 11:36:58】 | Trackback:(1) | Comments:(5) | [編集]

竹炭石けん

CIMG4056.jpg

真っ黒な石けんです。
炭焼きをしている方が患者さんでいらっしゃって、
その方から購入した竹炭を使ってみました

なんで表面がこんなにぼこぼこなのかというと
やっちゃんがまだやわらかいうちに
積み木遊びに使ってしまったからです
手触りがいいらしくて、
いつも狙っているので
乾燥中の石けんは
決して見せてはいけません。

手作り石けんのつくりかたは
こちらを参照なさってください。
補足すると、
ポイントは
①オイル、苛性ソーダ、精製水の量をきっちりはかること。
②オイルと苛性ソーダーの温度をきっちりあわせること。
③型入れのタイミングを間違えないこと。

(上からたらしてみて、表面にそのあとが消えずに残るくらいになったら
そのとき!です。)
オイルの種類や気温などにより、まぜ終わってから
12時間から24時間くらいかかります。

つくってみたことがないかたで
どうしても、やってみたいと思ってくださった方は
この本をぜひ読んでみられることを
おすすめすします!↓
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
基礎的な手順はもちろんのこと、
かおり付け、色づけ、形、
そしてオイルについてなど
本当にわかりやすく載っています。
力いっぱいおすすめの本です

竹炭石けん
<材料(牛乳パック2/3本分)>
玄米サラダ油    100g
菜種油      50g
ごま油      50g
パーム油    100g
ココナッツ油   200g

精製水      170ml
苛性ソーダ    71g

1、
竹炭をすり鉢などで細かくすっておく。
こちらの手順の「5」まで行い、石けんのたねを仕込む。
2、
型入れの直前に、石けんのたねをおたまに1杯くらい取り分け
1の竹炭をまぜる。
3、
1の石けんのたねのなかに2を混ぜ込み、型に流し込む。
4、
あとはこちらの手順で行ってください。

今回、贅沢にも食用のおいしい油を使ってしまいました。
昔ながらの製法でつくられた
香り豊かなオイルたちです
純国産100%の安心安全の【玄米サラダ油400g缶】話題のトコトリエノール・γ-オリザノール・植物...

会津 玉締め圧搾法平出油屋さんの 菜種油(なたね油)(大)1650g 【0328野球5】

会津 玉締め圧搾法平出油屋さんの 胡麻油(ごま油)(大)1650g 【0328野球5】

石けんにもほのかに香ばしい良い香りがつきました。
なんともいえず、和むかおりです~。

そのほかの材料はこちら↓
ココナッツ油700ml(642g)【手作り石けん材料】

ホワイトパーム油700ml(642g)

精製水500ml(500g)


苛性ソーダは薬局にてお求めください。
劇薬に指定されていますので、購入には印鑑が必要になります。


真っ黒な石けんですが
泡は白いです。
竹炭って汚れを吸着す力を持っているので
洗い上がりがきゅっきゅっ!!っとします。
それに
このオイルの配合だと
固めの石けんになって、溶けにくく
あわ立ちもいいです。
すっきりしたいときにおすすめです。

ミント系の精油をプラスしてもさわやかですね

会津若松は昨日
桜の開花宣言がされました。
でも、最近連日雨ですね。
今日の雨は
まさに春雨のような柔らかい雨です。
気温があまり上がらないので
桜の花もゆっくり咲いて
ゆっくり散るかもしれません。

今日も一日心穏やかに、楽しくすごせますように

遊びに来ていただいてありがとうございます!
ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

福島県会津の治療院 大竹鍼灸接骨院公式HPはこちらです!
福島県会津の鍼灸&接骨の治療院 大竹鍼灸接骨院公式blogはこちらです!


手作り石けん | 【2008-04-11(Fri) 12:01:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

びわの葉石けん

CIMG3876.jpg

昔からお坊さんなどの間で
万能薬として使われてきた
びわの葉の部分を使った石けんです。
びわの葉の効用についてはこちらの「びわ療法とは」を見てくださいね。

我が家では、
あたためたこんにゃくをタオルで包んだものを
腰やおなか、足の裏にあてて、
その間にびわの葉をはさむ
こんにゃくシップ療法に使ったりします。
はじめてやってみたとき、
びわの葉が真っ黒!!になりとてもびっくりしました。
毒が出たようです。
疲れたときなどとてもおすすめの自然療法です。

さてさて、
石けんのオイルの配合は
ベーシックなマルセイユ石けんですが、
オリーブオイルにびわの葉を
半年漬け込んだものを使いました。
びわの葉を細かくちぎり、瓶にいれ、
オリーブオイルをひたひたに注いで作ります。
3ヶ月くらいでもいいようなのですが、
気付いたら半年経っていたのです

手作り石けんのつくりかたは
こちらを参照なさってください。
補足すると、
ポイントは
①オイル、苛性ソーダ、精製水の量をきっちりはかること。
②オイルと苛性ソーダーの温度をきっちりあわせること。
③型入れのタイミングを間違えないこと。

(上からたらしてみて、表面にそのあとが消えずに残るくらいになったら
そのとき!です。)
オイルの種類や気温などにより、まぜ終わってから
12時間から24時間くらいかかります。

つくってみたことがないかたで
どうしても、やってみたいと思ってくださった方は
この本をぜひ読んでみられることを
おすすめすします!
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブックオリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
(2001/03)
前田 京子

商品詳細を見る
これから石けんつくりをはじめるかたから、応用を利かせたい方にも
わかりやすい本。写真もとてもきれいでみるだけでも楽しい。

基礎的な手順はもちろんのこと、
かおり付け、色づけ、形、
そしてオイルについてなど
本当にわかりやすく乗っています。
力いっぱいおすすめの本です

びわの葉石けん
<材料(牛乳パック1本分)>
オリーブオイル  
(びわの葉を漬け込んだもの) 458g
パーム油     64g
ココナッツ油   112g

精製水      250ml
苛性ソーダ    83g

作り方は、
1、
びわの葉を漬け込んだオイルをザルなどで濾す。
2、
こちらの手順で石けんを仕込む。

材料の参考にどうぞ
ピュアオリーブオイル(カルボネール)500ml

ココナッツ油700ml(642g)【手作り石けん材料】

ホワイトパーム油700ml(642g)

精製水500ml(500g)


苛性ソーダは薬局にてお求めください。
劇薬に指定されていますので、購入には印鑑が必要になります。


ほんのりびわの葉のグリーンがついて
やさしい色合いです。
そして
ほのかにびわの葉の香りがします。

実はまだ使ってみていないのです。
たのしみ~
最近春の排毒なのか、
肌荒れが・・・・。
今夜はこの石けんに癒してもらうことにします

こちら↓前回ご紹介して、大人気だったようです。
「お風呂の愉しみ」の本から生まれたマルセイユ石けん 無香料

先ほど紹介した本に忠実につくってあります。
お得な5個セットもあります。
マルセイユ石けん無香料5個セット

これも↓とってもいい香りでおすすめ!
マルセイユ石けん ラベンダー&ローズマリー 120g★税込3150円以上で送料無料★


それでは今日も素敵な1日になりますように

遊びに来ていただいてありがとうございます!
ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

福島県会津の治療院 大竹鍼灸接骨院公式HPはこちらです!
福島県会津の鍼灸&接骨の治療院 大竹鍼灸接骨院公式blogはこちらです!


手作り石けん | 【2008-03-26(Wed) 11:35:17】 | Trackback:(2) | Comments:(0) | [編集]

米ぬか石けん

CIMG3617.jpg

初公開です
私の手作り石けんです。
初公開はどの石けんにしようかと
迷ったのですが、
自然で素朴なものが好きなので
これが、一番私らしいかと思いまして

石けんの型入れの直前に
米ぬかを入れ込んでみました。
薄いベージュがかった
自然のきれいな色が出ています。
ちょっとつぶつぶがあるのがまた
かわいい
オイルの配合は
ベーシックなマルセイユ石けんです。

手作り石けんのつくりかた
載せたかったのですが、
肯定が、説明しようとすると
結構煩雑なので、
申し訳ありませんがこちらを参照なさってください。
補足すると、
ポイントは
①オイル、苛性ソーダ、精製水の量をきっちりはかること。
②オイルと苛性ソーダーの温度をきっちりあわせること。
③型入れのタイミングを間違えないこと。

(上からたらしてみて、表面にそのあとが消えずに残るくらいになったら
そのとき!です。)
オイルの種類や気温などにより、まぜ終わってから
12時間から24時間くらいかかります。

つくってみたことがないかたで
どうしても、やってみたいと思ってくださった方は
この本をぜひ読んでみられることを
おすすめすします!
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブックオリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
(2001/03)
前田 京子

商品詳細を見る
これから石けんつくりをはじめるかたから、応用を利かせたい方にも
わかりやすい本。写真もとてもきれいでみるだけでも楽しい。

基礎的な手順はもちろんのこと、
かおり付け、色づけ、形、
そしてオイルについてなど
本当にわかりやすく乗っています。
力いっぱいおすすめの本です

この石けんの配合は
米ぬか石けん
<材料(牛乳パック1本分)>
オリーブオイル  458g
パーム油     64g
ココナッツ油   112g

精製水      250ml
苛性ソーダ    83g

米ぬか  大さじ2

作り方は、
1、
こちらの手順の「5」まで行い、石けんのたねを仕込む。
2、
型入れの直前に、石けんのたねをおたまに1杯くらい取り分け
米ぬかをまぜる。
3、
1の石けんのたねのなかに2を混ぜ込み、型に流し込む。
4、
あとはこちらの手順で行ってください。

材料はこちら
簡単!無駄なし!いろいろな石けんが作れる!マルセイユ石けんオイルミックス

これ、オイルを量る手間が省けてとてもおすすめ!
おまけにこだわりのいいオイルを配合しています。
ピュアオリーブオイル(カルボネール)500ml

ココナッツ油700ml(642g)【手作り石けん材料】

ホワイトパーム油700ml(642g)

精製水500ml(500g)


苛性ソーダは薬局にてお求めください。
劇薬に指定されていますので、購入には印鑑が必要になります。


一番肝心の使い心地ですが、
マルセイユ石けんはとてもしっとり、でもさっぱりの洗い上がりです。
使ってながいので
それが当たり前になってしまって、
気の利いたことがいえなくてごめんなさい。
この石けんと出会って
私の人生は変わったと言いたいぐらい。
自然派を目指す第一歩は石けんからでした。
それから、アロマとか、マクロビとかいろんな興味が・・・・。

主人のあれ肌にもとってもいいです。
米ぬかをいれたので
しっとり効果がさらにUPしました
アトピーの友人にも
よくプレゼントするのですが、
かゆくならず、とてもいいと評判です。
一度、手作り石けんを使うと
もう、ほかは使えなくなりますよ。
ほんとにほんとにいいのです
疑っている方はまず、こちら↓で試されるのもいいですよ。
「お風呂の愉しみ」の本から生まれたマルセイユ石けん 無香料

先ほど紹介した本に忠実につくってあります。

いつもコメント下さってありがとうございます。
レシピを試してみてくださった方、
ご意見、感想、アドバイス等お聞かせくださるとうれしいです。
また、何でもけっこうなので
気軽にコメントくださるとうれしいです。

いつものように手作りの際はこちらご参照してくださいね。

遊びに来ていただいてありがとうございます!
ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

福島県会津の治療院 大竹鍼灸接骨院公式HPはこちらです!
福島県会津の鍼灸&接骨の治療院 大竹鍼灸接骨院公式blogはこちらです!



手作り石けん | 【2008-03-13(Thu) 11:50:24】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

Copyright © 会津でマクロビオティックな自然派レシピ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。