スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

竹の子ご飯

CIMG4394.jpg

おいしい竹の子の季節です。
竹の子は伸びる力がものすごくて、
そのエネルギーが私たちに力を与えてくれます。
特に、成長期のお子さんたちには食べていただきたい食材。
やわらかく煮た竹の子は
ほんとにおいしいです

竹の子のあく抜きの方法はこちら
あく抜きしないと、
えぐみがでておいしくないです。
産地では、新鮮な竹の子を
生のままさしみで食べるようですが。
おいしそう~。

竹の子ご飯
<材料(4人分)>
竹の子(あく抜き済みのもの)  150g
だし汁               2カップ
醤油                大さじ2
自然塩               小さじ1/2
油揚げ                1枚
 
五分づき米
(または白米)           2カップ

1、
竹の子は食べやすい大きさに切る。
油揚げは油抜きして竹の子と同じくらいに切る。
お米をといで、ざるにあげ水を切っておく。
2、
鍋に、1の竹の子と油揚げをいれ、
だし汁、醤油、自然塩をいれてひと煮立ちさせる。
3、
炊飯器の釜に、といだお米と2をいれ、
釜の水量メモリで、2合になるように水(分量外)を足す。
4、
白米炊飯モードで炊く。


塩気は少なめですので、おいしい量に調節してください。

春にぴったりのおいしい炊き込みごはんです。
やっぱりだし汁を使うと
味に深みが出ます。
マクロビオティック的なおだしのとり方は、
(いろんな方法がありますが、一番簡単な方法です)
麦茶を入れるような容器に
昆布5×10㎝2枚と大きめの干ししいたけ(天日干のもの)5個 をいれて、
水1リットルを加えて一晩置く、だけです。
夏は冷蔵庫にいれます。

簡単でしょ?

もっと濃厚な味にしたいときは、
一晩置いただし汁を、昆布としいたけごと軽く加熱します。
昆布はあまり加熱すると苦味が出るので
沸騰する前に取り出します。

体調や季節に合わせて
昆布としいたけの量は調節します。
たとえば、
寒いとき、体が冷えているときは昆布のみ。
暑いとき、動物性のものを多く取ったときはしいたけのみなど。

かつおだしではなく、
たまに、このようなだしにすると、
からだがすっきりする感じがします。

お試しくださいね~。

CIMG4422.jpg

もうすぐこどもの日ですね。
かぶとを飾りました。
かぶとに、ぬいぐるみの帽子をかぶせたのは
やっちゃんのいたずら。

夜遅く帰ってきた主人は、
これを見てひとりで「ぷぷっっ!」
と笑ってしまったそうです。
大事なかぶとへの
やっちゃんなりのおもいやり?なのかな。

今日はこの辺で失礼します


遊びに来ていただいてありがとうございます!
ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

福島県会津の治療院 大竹鍼灸接骨院公式HPはこちらです!
福島県会津の鍼灸&接骨の治療院 大竹鍼灸接骨院公式blogはこちらです!
スポンサーサイト


ご飯もの | 【2008-04-25(Fri) 11:00:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 会津でマクロビオティックな自然派レシピ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。