スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

小豆と黒米の玄米ごはん

CIMG5319.jpg

最近は黒米をいれたご飯がマイブームです。
ぷちぷちとした食感がおいしい

この黒米は
山梨の伯父がつくったものです。

いただいたとき、黒米といっても
全部が黒いわけでなく、
色が薄いのやまるっきりついていないものなど、
売っているように、真っ黒というのには
なかなかならないようです。
真っ黒なつぶをより分けるという
たいへんな労力がかかっていることを知りました。

手作りの温かみのあるおいしい黒米です

小豆と黒米の玄米ごはん
<材料(約4人分)
玄米 2カップ
水 2.4カップ~3カップ
(お好みで加減してください)
塩  ふたつまみ

黒米  大さじ2
小豆  大さじ2

「玄米の洗い方」
1、
ざるに玄米をいれる。
きれいな水(浄水や日本のミネラルウォーター)を張ったボウルにざるを重ねて、
やさしくかき混ぜながら玄米と、黒米、小豆を混ぜて洗う。
このとき、おいしくな~れと言ってみる。または思う。
と思いが伝わりおいしくなります。白米のようにごしごしととぐ必要はあり  
ません。2回ほど水をかえて洗う。
2、
新しい水を張り、ざるに入れたまま、6時間から8時間程度つけておく。
その間に玄米は発芽しようとして、たくさんの栄養素を蓄えます。
発芽玄米のようになるわけです。洗ってすぐに炊くこともできますが、
水につけておいたほうが消化もよく、おいしいです。

「炊き方」
1、
水につけておいた玄米をよく水切りし、鍋にいれる。
2、
分量の新しい水と塩を加える。
3、
圧力鍋の圧力蓋をして強めの中火にかけ、圧があがったらごく弱火にして約30分炊く。
火を止めて、自然に圧が抜けるのを待ち、蓋をあけて全体をさっくりとほぐす。
4、
できれば、おひつに移すとごはんが水っぽくならない。
うちにはおひつがないので、鍋に清潔なふきんをかけてそのうえから蓋をしています。

きれいな紫色のごはんになりました
見た目も癒される色です。

小豆はむくみをとってくれますので、
そんなときにとてもおすすめ。

また黒米は引き締める陽性の力を持っていますので、
男性にほどよい男らしさを与えてくれるそうです。
そのせいか、
主人は玄米ご飯はあまり好きではないのですが、
黒米を入れると食べやすいそうです。

ぜひ、お試しくださいね

今日のやっちゃんのお弁当
CIMG5318.jpg

定番おいなりさんです。
やっちゃんのお弁当に入れるのは初めてなんです。
まだうまく食べられなかったので。
初挑戦で上手にたべられるかな

でも、今日は咳のため幼稚園をお休みしました。
お父さんと自転車で遠出して、
冷たい風にあたってしまったみたい。
昨日のよるに、
がんばって油灸をしました。
(かなりめずらしい治療法で、当院の目玉です)

はやく良くなってね


遊びに来ていただいてありがとうございます!
ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

福島県会津の治療院 大竹鍼灸接骨院公式HPはこちらです!
福島県会津の鍼灸&接骨の治療院 大竹鍼灸接骨院公式blogはこちらです!
スポンサーサイト


ご飯もの | 【2008-05-27(Tue) 11:58:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 会津でマクロビオティックな自然派レシピ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。